fc2ブログ

小シヱスタリア

同人ゲームとか好きなただのファンサイト
儚について語ってる人たちの批判も分析もよく的を射てると思うけど結論っぽく振りかざしてるソレほとんどは連載開始時点もっと言えば紅魔郷の時からわかってなきゃいけない前提条件でしょ。
それがわかってなかった人はご愁傷様と言うしか…。
そこで商業基準とか有名税とかお客様意識持ち出す輩は問・題・外!ラーメン横丁に蕎麦屋が一軒まぎれてたとして、そこでラーメンを頼むのはお門違い。

ただすべてわかってたその上で別方向への進化を期待してて幻滅したって人も中にはいて、そういう人は理解できる。
「周りが全部ラーメン屋なんだからこの蕎麦屋は普通の蕎麦屋じゃないんじゃ…?」とか思うこともあるだろうね。
まあ「期待通り」よりも「期待以上」を期待するのが人情だよねぇ




なんとなく自分の思う事色々。自分の立ち位置。東方だけに限った話じゃなくて




二次創作だけど、
同人誌やWeb上のコンテンツ(SSやら動画とか一枚絵)のカタチになって世に出るものが二次の全てだと考えるのは違うと思う。
むしろ世の中に出るのはほんの一部で発表されざる個々人の脳内の妄想が「創作行為」の芽になるわけでしょ。最終的に何らかのカタチで発表できなければただの妄想乙としても。
これも「二次」に限った話じゃないなぁ





時々「語られている情報が少ない方が想像の余地が多い」と言われるけれど
普通、情報は多い方が情報同士を繋ぐミッシングリンクの数は増える。
語られている情報が少なければ想像の余地は「大きく」
情報が多ければ想像の余地は「細かく数が多く」なるというのが正しい姿だと思う。

そして情報の多い少ないはその質「面白さ」とは分けて考えるべき。
肉厚のカツも、ミルフィーユ状のカツもその肉の形状が味の決め手になっているわけではない、という事。個人の嗜好には影響するけどね。
どっちも美味しく食べるのが一番得なのは言うまでも無いですね。
レトロゲームと最近のゲームの話です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssiestaria.blog51.fc2.com/tb.php/666-064d0fba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック