fc2ブログ

小シヱスタリア

同人ゲームとか好きなただのファンサイト
特に解りにくいと評判の十五話の会話をわかる範囲で補完してみた。

FAQより引用
Q34 キャラが何を言っているのかさぱーり判りません
 登場人物はそれなりに頭が切れるキャラが多いので、当たり前の会話を
 脳内補完してしまっています。
 お約束のツッコミなどは自分で補完して読んでみて下さい
 ただし、元から意味ある会話などありません


5頁
スターダストレヴァリエは星そのものでなく魔理沙から見た星の瞬きを具現化しているみたい。
パチェのロケットの「見える月を追っていけば辿り着く」というのと符合している。
魔法は術者の主観が力になるということですね。

6頁
真空中では光の速度は常に一定。
大気中での光の減衰が星の瞬きとなる、と言う事は光ではなくその減衰が魔法の源?
そう考えると星屑の幻想というのは面白いネーミング。

7頁
花の霊夢の勝ち台詞でも魔理沙の弱点は直線的なことにあると指摘されている。
ここの依姫もほぼ同じ事を言っているのだけど、星弾AとBが直線平行に飛行する時Aから見るとBは止まっているように見えるよ、という「子供でも理論は知ってるアレ」を引き合いに出して言っているのがより宇宙的?な言い回し。

8頁~
イベントホライズンは永ではレヴァリエの上位版で魔理沙流の結界。レヴァリエに上書きして星を増量して依姫を閉じ込めようとしている。

12頁
天津甕星は三月精でも出てきた金星のルシファー様。

17頁
直線である事を駄目出しされたのに対し「だったら直線を極めてやる」と返している。
捻くれているのかまっすぐなのかとにかく非常に魔理沙らしい台詞で好き。
「よくわからん」と言いつつちゃんと依姫の言ってる事解ってるじゃないか。

20頁
ここだけちょっと解らなかったんだけど、これまでずっと光の性質に関連して掛け合いしているのでこれもその関係だと思う。
水のほうが光より切りにくいっての「切る」はなんかの比喩だと思うんだけど。光、水、流体?
なんとなく想像はできるけど。理系の人ならわかるかな。

22頁~
祇園の剣は草薙では無いけどスサノオ縁の剣としてダブルスパークに対して三種の神器の内二つを使っているようなものかも。
もしかしたら天津甕星が「玉」で魔理沙戦で三種揃えてみたのかもとか考えたけどちょっと遠いか。

26頁
月面鏡
レーザー砲とレーザー光は全然違うと言うツッコミが省略されている。

27頁
永淋は「月の民は表の月を弄れなかった筈」と言っているけどその解答は霖之助が示している。
アポロ計画の幻想入りによって表の月に有った星条旗や月面鏡が月の都に入ってきた。


…とまあこんな感じ。ちゃんと咀嚼すると意味のあるやりとりをしてるとわかって面白いです。
特にフェムトファイバーの回は凄く面白いのでそのうち書く。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssiestaria.blog51.fc2.com/tb.php/662-2877eb96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック