fc2ブログ

小シヱスタリア

同人ゲームとか好きなただのファンサイト
相変わらず面白さが衰えない。完全に作風が完成しているから安心して観れますね。
今回は比較的分かりやすいネタが多かったようなそうでもないような。
さすがに全てのネタ元はわからないのでウィキに頼ってます。
でも昔の人は全部自分で調べたのよ!

こういうネタに使うという事はさくしゃさんがそれなりにそのネタに思い入れがあるわけで、本当は調べるだけじゃあなくちゃんと観て理解するともっと面白くなるに違いないのですが

実例として、病院に潜入の回は僕がドグラマグラを読んでいたのでかなり随所でニヤリと出来たりしました。



以下東方脳


紅魔郷プレイヤーでS&Mシリーズを読んでいない人は三割は損してると思いますよ。

てか東方考察とかしている人は少なくとも鬼太郎(原作)と森博嗣くらい読んでないと頓珍漢な考察しか出来ないと思うのだが、まぁ鬼太郎読んでない人なんて日本人には居ないから心配ないと思いますが。
特に神主本人の人柄や創作スタイルを分析しようとするなら森先生の日記本あたり絶対に読んでおくべき。かなり影響を受けているんじゃないかな。
二人の言っていることで面白いのは森先生は小説はビジネスだと言って神主はゲーム制作は趣味だと言っているところ。言葉だけだと正逆なんだけどその根底にある精神が実はほぼ同じなんだよね。これは両者を知っている人ならわかると思います。
境界、境界条件なんて言葉をよく使うのも影響かな。紫、永琳といった天才系キャラはまんま真賀田四季や瀬在丸紅子の系列だし。


あと妖怪大戦争(映画。新しい方。ジュンヤさんが妖怪デザインしてるの)を観ると「妖怪」ってのがどんなモノなのか正しく理解できるはず。
妖怪馬鹿以外の人にはただの冒険活劇映画だけど実は妖怪観察ドキュメンタリーなので妖怪馬鹿しか本当に楽しめない奇跡のような冗談のような映画です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssiestaria.blog51.fc2.com/tb.php/579-244fcf8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック