fc2ブログ

小シヱスタリア

同人ゲームとか好きなただのファンサイト
↑こういうタイトルを小学生の頃多用していたなあ。

あえてリンクは貼らないのでググるなりして是非読んでください。

”  取るに足らない末節の部分に気を取られ、本質を見失う。
だから往々にして、どうでも良いとても下らない事で 折れる。 無様な音を立てて。
それは言い訳でしかなく、時には本当に好きでは居られなかった、という証拠をまざまざと見せつける。
本当に愛していたなら、裏切られた等と決して言う筈があるだろうか。

まず最初やりたかった事は何なのか。
それをどうでもいいものに惑わされて見失ってしまう事ほど悲しい事は無い。
経緯や背景がどうであるとか、後から付け加えられた義務感が重荷なら振り切ってしまっても構わない筈だ。
形の無い言葉を振り払ってしまう程の価値があるのならば。信じているのならば。その程度の力ぐらい充分に有るだろう。


ゲームに限らずなんでも
A私が好きになるタイプの創作作品・及びその創造者に共通するファクタはまさにこれ。
これを天然で出来る人たちってのは本当に強い。だから憧れる。

その一方で
Bしがらみに刃向かうのではなくそれを飲み込んでもがき続けている人(特に商業作家で)ってのもまた格好良いと思う。
キャラクタで言えば「ピアノの森」の雨宮君みたいなタイプ。



関係ない話
寿々さんのビジュアルは適当に想像して描くしかないのかなー。
一応自分なりに考えたパーツ構成
 ・オペレーター風より技術者風
 ・メイデン、みのがロングなのでカウンターで短髪系
 ・しかし黒髪ロングというのも棄てがたい
 ・眼鏡は必要ですか必要ですね
 ・(らにょんさんがマツダさん好きなので)テレビさんの娘(文子さん)っぽいのとかどうよ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssiestaria.blog51.fc2.com/tb.php/555-481d725a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック