FC2ブログ

小シヱスタリア

同人ゲームとか好きなただのファンサイト
実の所、人気なんて出なくても良い、という思いもあります。
私は好きだけど、他の人にまでそれを強制できるわけ無いし、
連載漫画だと、人気が出てアニメ化なんかして雑誌側が張り切って毎号カラーとかになったりして逆に作者に負担が出て内容がおろそかになったりしますよね。
キャラ人気を保つために無理やりいらない出番を作ったり、死ぬはずのキャラが死ななかったり。何のことかは言いませんよ。
逆に人気が出なかったら打ち切りとテコ入れの危険が出るので、消費者の勝手な理想は適度な人気が続くことだったり。

そこんとこいくと儚月抄って、酷い言い方をすると「出来の悪いメディアミックス作品」に見られてるんだろうなあ。
事実風神録とか文花帖のパッチ出ないのは神主が忙殺されてるからだし。
突貫スケジュールのためか原作と編集・作画の連携が取れて無いっぽい
(↑の半分はミスじゃなくて表現上の違いだと思いますが…言い逃れ出来ないのもあるけど)
ただ、それだからといって儚月抄自体を駄目な作品だとするのは早計な見方ですよ。

もしかしたら多くの方は儚月抄に、一般的に人気のある漫画のような、登場人物が感情剥き出しにしてぶつかり合うような展開を求めていたのかもしれません。
しかし原作と原作者の性質を考えたらそんな展開はありえないんですよね。
もし儚月抄でそんな展開があったとしたら、今よりも注目はされたかもしれないけれど「東方らしさ」は失われてしまったと思います。
そう考えると儚月抄は、少なくとも原作者は何一つ間違ったやり方はしていない。
一迅社さんはそれでがっかりしてるかも知れませんが・・・(笑)
このくらいの心意気が無いと。
予備知識がないと楽しめない、という意見も有りますが、実の所日本神話の予備知識なんていらないと思います。
神様の力と魔女の魔法で作ったロケットで月を目指す、というシチュエーションにわくわく出来れば素直に楽しめるはず。私は前衛的なロケットの形に惚れ惚れした。
展開が遅い、とか言われてるのは結局その過程が楽しめてないということなんでしょうね。
それを無理に「君の読み方は間違ってる!」などとは言いません。
ただ勿体無いなあ……と思うだけです。

冒頭の話と繋がりますが、儚月抄は一般的な連載漫画とは決定的な違いがあるんですよね。
まず、連載漫画は「漫画家と漫画雑誌の契約によって成り立っている」のですが、雑誌による契約の解消(=つまり打ち切り)にならないために、編集側の圧力を受ける。人気が出たらカラーの仕事がどんどん来たりする。
普通の漫画家はこれを断ったりは出来ない。すごく人気があって、かつ好き勝手やってもその人気が簡単に落ちたりしないごく一部の例外を除いて、漫画家は自分の考えだけで好きに漫画を描かない。仕事として漫画を描く。
これに対し、作者が自由に自分の描きたいものを描くのが「同人」(そのかわり出版費などの全ての責任を作者自身が負う。当たり前ですが)
そして東方儚月抄は、商業誌で連載されているが、本質的には同人作品の延長であると言える。
半分は想像だが、恐らく一迅社は儚月抄の連載に当たって「シナリオには一切干渉しない」約束をしている事が伺える。
これは神主の単純なわがままなどではなく、講演会や日記などでたびたび言っている「同人と商業の境界」にこだわった、言わば「同人の矜持」であることは間違いない。
そう私は考えます。そしてそういうところに私は惚れちゃってるので「儚月抄、もっと人気出るように描けよ!」なんていう意見を見るたびに「わかって無えなぁ」などとのたまうワケです。ビール片手に。


こちらの方の意見が私よりもわかりやすくて読みやすいです。おすすめ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssiestaria.blog51.fc2.com/tb.php/487-abf48142
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック