fc2ブログ

小シヱスタリア

同人ゲームとか好きなただのファンサイト
原作土塚理弘作画五十嵐あぐり「BAMBOO BLADE」YG06年18号の感想です。
ネタばれ回避のため追記からどうぞ。
成明高校。練習は厳しいけどダメっぽい。厳しさが空回りしてる感じ。町戸戦と違って楽勝かも。
ミヤミヤにはそろそろ「勝つ喜び」を知ってもらわないといけない段階だし、レイミとの事もあってミヤミヤ活躍の予感。
先生が居るときだけ真面目にする男子…実際、高校の部活とかでありがちな光景だよねぇ。
コジローも厳しい練習を課してるけどみんなちゃんと着いてきてるのはかなり恵まれている事だと思う。外山岩佐は置いといて。
コジロー先生と成明高校の林先生の指導者としての違いが出てる。練習厳しくてもコジローは目線がみんなと一緒で、上から物を言わない。それに自身もタマに着いていくよう努力してるのが大きい。あれこれ指導するより自分が頑張っているところを見せるのが一番良い。タマが強すぎるから結果的にってものあるけど。コジローは良い指導者だと思いますよ?

東。下の名前が知りたいよ東。タマ獲得にあれだけ熱心だったコジローが諦める東の秘密とは?土塚先生はなぜこんなにパーツの多いキャラを作ったか?

234ページ…サヤでけぇ!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssiestaria.blog51.fc2.com/tb.php/36-18c1fa90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック