fc2ブログ

小シヱスタリア

同人ゲームとか好きなただのファンサイト
いまさらですが。
なんかシリアスだのバトルだの言われてて警戒してましたが

何だ、全然いつもどおりの東方じゃないですか。

んー。東方二次創作に毒されてたりすると誤読されそうではある。
漫画に限らず東方ではいつものことだけどね。

紅魔郷は古今東西のミステリィ(特に森博嗣)と吸血鬼関係
妖々夢は西行法師関係(幽々子)と「蛇吉尼の紡ぐ糸」(紫)
永夜抄は竹取物語

まあ副読本として最低このくらいは知っておかないと理解できないんですけど。
それで色々会話の裏(META)を読むのが昔から正当な楽しみ方だと思うんだけどな~
少数派だろうな~
足洗邸とか好きな人は分かってくれると思うけど。

今回の副読本は古事記(記紀?)ですね。
てゐとうどんげの会話に出てたダイコク様のくだりがもう面白くて仕方がない。
月の民であったうどんげは「ダイコク様?誰よそれ」なのに
てゐからすれば神代に大恩ある大国主さまですよ。
そうそうグモンシキ出るまでてゐ=素兎ってのが全然浸透してなくて驚いたんだよね。永夜ラストワードであんなにはっきり言ってるのに。

やっぱり月の都=高天原なんでしょうかね。
紫は霊夢に神々(国津神)の力を使わせて天上の月の民(天津神)に攻め入れさせようとしてるわけだ。あぁ面白い!
しかし紫≒蛇吉尼天は第一次月面戦争以外には特に接点ないかな……?そもそも国が違うしなあ。
「神々の力」って言う時点で風神録とも関係が出てくるし。
あー、輝夜と永淋の言っている月の表裏の事ってのも意味深だなあ。表は天照で裏がツクヨミ?この辺はまだよく分からないな。
本のタイトルにするほどずっと気になってた三月精と文花帖のアメリカ国旗の謎も回収したし、自分的にはこれは相当面白い東方漫画。

なんだけどなあ。ま、他人には薦め(れ)ない。
コメント
この記事へのコメント
思いっ切り目から鱗。1ダースぐらい。
そっかー、月って高天原か!! すっげー頷いてしまった。
……ん? っつー事は……輝夜や永琳は天津神の眷属かそのもの?
そうなると、以前君らと話した咲夜との関連も面白くなってきそうですなぁ。
それはそうと、作中の霊夢が魔族の計画に利用されてるリナ・インバースみたいなのは気のせいですか。そうですか。
しかし、これ見るまで全然気づきもしなかった俺って……(汗)。
いかんなぁ、日本神話の知識、洗い直しておかないと……。
ついでに、ぱれっとの4コマの兎どもがかわいすぎるんですが。クレイモアがなんぼのもんじゃー。
2007/06/26(火) 17:49:28 | 鴨南蛮 | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ssiestaria.blog51.fc2.com/tb.php/288-23d9fa6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック